Bos Fine Art only does have a few silkscreens of Dick Bruna on stock. At this moment the following silkscreens are available.

This page will be refreshed when new silkscreens arrive.

More information: Marianne Bos +316 1648 4645 /  Paul Essens +316 1660 8169

This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. 

 

 

IMG 3279 3

 

 

 

 

 

Bertje heg knoppen

 

Dick Bruna

Hendrik Magdalenus (Dick) Bruna (Utrecht, 23 August 1927, the Year of the Rabbit) is a graphic designer, artist and writer of children’s books. Bruna is the second son of publisher A.W. Bruna and J.C.C. Erdbrink. Bruna married Irene De Jongh in 1953 and together they have three children. In the same year, Bruna published his first children’s book: De Appel (The Apple). In 1955, while they were on vacation at the Dutch seaside, Bruna drew the first story about Nijntje for his son, inspired by his son’s plush rabbit. Even now he’s in his eighties, Bruna still rides his bike to his studio in the city centre of Utrecht, where he writes and draws new picture books for children. His books are translated into over fifty languages, and especially in Japan, his books are very popular.

 

dickbruna 2

Dick Bruna (NL, 1927-2017)

Bruna’s oeuvre of children’s books is unrivalled, but Nijntje is his most famous creation: a white rabbit with human features. The first book about Nijntje was published in 1955. Up to now, over 30 booklets were published about her adventures, and they are translated into many languages. In recent years, the translation of Nijntje’s name is Miffy, Miffi or Mifi, Lâle (Turkish) and Coelhinho (Portuguese). The translated editions in The Netherlands (Frisian and Turkish) just call her Nijntje. At the beginning of 2007, the total number of children’s books published by Bruna was 120. Other famous characters are the piggy Betje Big, the bears Boris and Barbara and the dogSnuffie.

In his earliest period, Bruna’s style was influenced by the designers and painters of the Dutch school of De Stijl, such as Bart van der Leck, Piet Mondriaan and Gerrit Rietveld, and also by the painters Fernand Leger, Pablo Picasso and Henri Matisse.

There is a lot of speculation about the question why his figures have so much appeal for children, their parents and child care workers all over the world. Firstly, there is the absolute simplicity of his drawings, the black lineation, and the few, but clear ‘Bruna-colours’. Bruna always seeks to omit as many lines as possible and tries to keep only the simplest, but most striking essence. Secondly, the manner in which Bruna draws eyes is very important. Nijntje and the other characters always look the readers and viewers straight in the eyes, from within the drawing, even if they are doing something that requires their immediate attention, such as riding a bike or catching a ball. Only when Bruna draws his figures with their back turned to the readers, they don’t look them directly in the eyes. Dick Bruna: “I put a lot of work in drawing tears. I make two or three drafts, only to discover that one tear expresses so much more than a face full of tears.”

Furthermore, it is of the utmost importance that the lines Bruna strokes with his brush look frayed, for those who look at them with a magnifying glass. The lines should have a certain “tremble”, as Bruna calls it. “It’s all about a certain tremble (...) A good line has a good tremble. But that good tremble is the most difficult part. In that tremble; the artist is concealed”

Dick Bruna has received numerous awards, and countless exhibitions were dedicated to his work. On 18 February 2006, the Dick Bruna House was opened in Utrecht. This house is a part of the Central Museum, and it provides an overview of Bruna’s graphic work; at the same time it is also a place where children can draw and play around. In honour of the inauguration of the museum, a number of buildings in Utrecht were decorated with a set of ‘Nijntje’ rabbit ears. In the summer of 2007, on the occasion of his 80th birthday, Bruna received the gold medal of the city of Utrecht. Dick Bruna: “I have got some talent, and I have to work very hard to take the maximum out of it”

Original serigraphs can be viewed and purchased at gallery / art shop Bos Fine Art in Lelystad. Shipping to the UK, Japan and other countries is possible. The size of the serigraphs is 56cm x 76cm.

 

ディック・ブルーナ

ウサギ年の1927年8月23日にオランダ王国ユトレヒト州ユトレヒト市で誕生したディック・ブルーナ(本名、ヘンドリック・マフダレヌス・ブルーナ)は、グラフィックデザイナー、イラストレーター、そして絵本作家として知られています。ブルーナは出版社「AW・ブルーナ&ズーン」を経営する父アルバートと母ヨハナのもとに第二子として誕生しました。

1953年にブルーナはイレーネ・デ・ヨングと結婚、その後3人の子供に恵まれます。同年彼の初の絵本『りんごちゃん(De Appel)』を刊行。1955年には海でのヴァカンス中に、息子のウサギのぬいぐるみからヒントを得て、幼い息子のために『ちいさなうさこちゃん(Nijntje ナインチェ)』というウサギを主人公とした字のない絵本をデザインしました。

80歳になるブルーナは現在でも毎日自転車でユトレヒトの彼のスタジオに通い、創作活動を展開しています。彼の本は50ヶ国語以上に翻訳され、中でも日本では大きな成功を収めています。

彼の数ある絵本のうちでも、人間っぽい姿をした白いウサギのナインチェ(うさこちゃん)は彼の代表作であります。最初のナインチェの本は1955年に刊行され、現在までに30冊以上のナインチェシリーズが出版されています。彼の本はたくさんの言語に翻訳され、海外でナインチェはミッフィーミーフィラーレ(トルコ)など様々な名前で呼ばれていますが、オランダで翻訳され刊行された本に関してはそのままナインチェとなっています。日本においても、うさこちゃん”“ミッフィーとして、その愛くるしいキャラクターは、オランダに負けないほどの人気を博しています。2007年始めには、ブルーナの出版した絵本は総計120種類以上に登りました。ミッフィーの他には、『ぶたのうたこさん(Betje Big)』『こぐまのボリスとバーバラ(boris en barbara)』『こいぬのくんくん(Snuffie)』など、ブルーナにより創造された有名なキャラクターたちが沢山います。

ブルーナのスタイルは、オランダのデザイナーや芸術家のための美術学校にいたバート・ファン・デル・レック、ピエット・モンドリアン、ヘーリット・リートフェルトなどや、フェルナン・レジェ、ピカソアンリ・マティスなどの現代芸術家たちからの影響を強く受けています。

ブルーナのキャラクターたちがなぜこれほど世界中の子供たちに、そしてその親たちに愛されているのか、答えるのはそう簡単ではありません。まず、彼のデザインが黒い線で描かれ、またブルーナスタイルとも言える明解な色彩を使ったシンプルそのものであることが言えます。ブルーナはいつも主要で不可欠な要素のみを最少限のラインで描くことを心がけています。特に彼のキャラクターたちの瞳が特徴的です。その他の彼の沢山のキャラクター同様、ミッフィーは子供が自転車に乗ったりボールで遊んだりと何かもっと他の事で忙しくしていても、瞳の中にいつも子供たち読者を見つめています。子供たちを見ていないのは、ブルーナがキャラクターを後ろ向きに描く時だけです。これには「キャラクターたちはいつも、本と向き合っているあなたのことを見ています」という、ブルーナの深い愛情のこもった意味があるのです。ブルーナいわく、「涙を描くのはとても注意がいる。デザイン画を描くうちに、上手く描けた一粒の涙の方が、涙いっぱいの顔よりも最も効果的だということが分かってきた。」

最も重要なことは、ブルーナが描くキャラクターは太くて黒い線によって輪郭を描かれていますが、この線が筆で注意深く描かれていて、フェルトペンでさらっと素早く描かれたまっすぐなキレイな1本線ではないということです。もし拡大レンズでその線を良く見ると両端が細かいギザギザで微妙に震えた感じなのがわかります。ブルーナは「これは小刻みに揺れる技法で、私にとって一番難しいことです。この震えによりデザイナー自身を隠し、またこの震えがそのデザイナーのサインなのです。」と言っています。

ディック・ブルーナは何度も賞を受賞し、彼の作品の展示会が多数開かれました。2006年2月18日、「ディック・ブルーナ・ハウス」がユトレヒト市のセントラル・ミュージアム前に開館し、ブルーナの作品が常時展示されています。彼の展示作品の他に、こちらでは子供たちが好きな絵やデザイン画を描いたりできるようになっています。美術館の開館日には多くのユトレヒト市内の建物がミッフィーの耳のデコレーションで飾られました。2007年夏の彼の80歳の誕生日にはユトレヒト市より『ゴールドメダル賞』が贈られました。ディック・ブルーナは、「私にはただ、ちょっとだけ才能があるだけで、できるだけ多くのことに全力を尽くさなくてはなりません。」と言っています。

オリジナル・シルクスクリーンは『Kunsthandel Bos Fine Art at Lelystad Holland This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. ギャラリー』で展示および販売されています。日本、イギリスおよびその他の国への出荷が可能です。サイズは56x 76 cm。

 

 

 

Newsflash

foto essinsje Bolsward, juni 2018

essentie 4²

Vier tentoonstellingen: essentie 4² (vier kwadraat)

Read more ...

Selected for you

28 hans haacke blaues segel 1964 1965.jpg 1152x903 q85 crop subsampling 2 upscale

Hans Haacke, Blaues Segel, 1964-1965
Collectie FRAC Grand Large – Hauts-de-France, Duinkerke
Foto Wolfgang Neeb

 

KUNSTHAL ROTTERDAM
ACTIE <-> REACTIE
100 JAAR KINETISCHE KUNST

22 SEPTEMBER 2018 – 20 JANUARI 2019

Read more ...

Partners

Asnova-logo.jpg Bos-Fine-Art-logo_1_3.png Uniek-logo.jpg flag_yellow_high.jpg logo-den-haag.png logo_ANNA_print.jpg o.jpg pixomnia.jpg

Galerie Den Haag
Korte Vijverberg 2
2513 AB  Den Haag

Openingstijden Den Haag
donderdag t/m zondag 12.00 tot 18.00 uur
Thursday - Sunday 12 pm - 6 pm

Andere tijden op afspraak

Galerie New York / Portofino
50 W 56th St #2A
New York City, NY 10019 USA

Monday     11am - 8.30pm
Tue - Fri       9am - 8.30pm
Saturday      9am - 5.30pm
Sunday      12pm - 5.30pm

 

 


facebook  twitter png

info@bosfineart.com
Paul Essens      +31(0)6 8169 1660
Marianne Bos  +31(0)6 1648 4645

IBAN NL65TRIO0390907413
BIC TRIONL2U               
KvK 64943151
BTW NL855913976B01